玄箱 KURO-BOX


玄箱購入記念で記事を書いてしまいました。

はっきり言って一人暮らしである私には無用の長物です。
普通、複数のパソコンから使う ネットワークストレージですので、普段一台しかPC使わないので意味なし(^^
その場合HDDを増設すればいいので安上がりです。

まぁ元々(120GB×2+80GB+40GB=360GB)あって半分ほどしか使ってなかったりします。

玄箱はLinux-BOXとしても使える事を知り、この前購入したI-ODATAのAVeL Link Player のメディアサーバーにしようと
思いました。

玄箱(約¥15000)+海門200GBHDD(約¥14500)で3万円の出費。

早速ココのサイトから玄箱Debian化キットをDownLoadしDebian化。

簡単にDebian化できましたが、よく考えたら Linuxよくわからんわw
頑張ってSambaのインストール、設定をしてみましたが WinXP上から見えるのアクセスすると パスワードが・・・。
設定したユーザー&パスワードを入力しても、接続できない。なぜ?

仕方がないので、基本ファームに戻そうとしましたが、玄箱見つからないって出て戻せない(>_<)

諦めてDebianのまま使用しようかと思いましたが、とりあえず余っていた20GBのHDDを乗せてみて
インストールできるか試してみたところ、出来たー!!
とりあえず フォーマットすれば戻りそうなので やってみると 元に戻りました(ホッ

結局ノーマルのまま使用。まぁネットワーク外に出すつもりはないので問題なしです(w

で当初の目的であるAVeL Link Playerのサーバーにするために wizdというソフトがあり これを玄箱へインストールするわけです。